志望大学の研究は大丈夫?ナマの声がわかる
大学徹底研究&資料請求ページ→都道府県別学部別職業別


大学過去問・センター模試・入試詳細と偏差値チェックが全てできる
大学受験を有利にするサイト!<受験サプリ>で偏差値から学校検索

覚えたら忘れろ!

理系教科で暗記しなければならないといえば公式。
化学では物質の化学式、化学反応式、色、反応条件なども暗記しなければならない。
そう考えると、理系といえども暗記項目は結構多い。
しかし、ここであえて言おう。
一度覚えたら忘れてしまえ!

せっかく暗記したのに忘れろとはどういうことか
例を挙げよう。

三角関数の3倍角の公式
sin3θ=-4sin^3θ+3sinθ
(^3は3乗の意)
これを暗記していなくても加法定理さえ覚えていれば簡単に出せるはず
(分からない人は調べよう)
暗記に自信のある人ならいいが、そうでなければ
「あれ?ここは3乗だったか?2乗だったか?
最初マイナスがついたっけ・・・?」
とパニックになってしまうこともある

2倍角の公式
cos2θは
1-2sin^2θか2sin^2θ-1かどっちだろうか
うろ覚えであっても、θ=0を代入すれば
cos2θ=cos0=1
1-2sin^2θ=1-0=1 ○
2sin^2θ-1=0-1=-1 ×
と簡単に判別できる

「公式は全て暗記しなければならない」
と必死になり、ど忘れしたときに対応できないより
公式の導き方とか、ちょっとした確認のコツを知っていたほうが
ラクだし、確実でしょ?

しかし、このような楽するテクニックを身に付けるためには
一度覚えたことを、堂々と忘れてしまえる位の大胆さが必要ではないか、と思う。
といっても、忘れはならない重要事項は忘れてはダメだが(^_^;)


ブックマークに追加する
前の記事:参考書は買うな!
次の記事:計画は立てるな!