志望大学の研究は大丈夫?ナマの声がわかる
大学徹底研究&資料請求ページ→都道府県別学部別職業別


大学過去問・センター模試・入試詳細と偏差値チェックが全てできる
大学受験を有利にするサイト!<受験サプリ>で偏差値から学校検索

ノートの使い方1つで変わる

新しい大学ノート(あるいはルーズリーフ)を買ったとする。
どこから使い始めるだろうか?
1ページ目からに決まってるって?
ダメダメ、それじゃあノートを使いこなしてるとは言えない。


1ページ目を白紙にして
2ページ目、つまり見開きの左上からノートをとってみよう!

そのページ以降も
1問ごとに必ず見開きの左上からノートをとるようにする。

するとどうなるか?

一目で問題に対するノートが全部見えるのだ!!
(1問が3ページにわたるような例外は除く)

これは大事である
1ページ目から、つまり見開きの右側のページから書き始める場合、
問題が2ページにわたると、
ページをめくって前を見たり後ろを見たりしながら考えなければならない。
この「ページをめくる」という作業がどれだけ思考の妨げになるか。

また「見開きで1問」というノートのとり方をすれば、
自然と行を詰めて書かなくなり、余裕を持ってノートを使えるので、
計算ミスを減らすことも出来る。

 ▽計算ミスについての記事

見開きの左のページから始めるだけで、かなり思考が整理される。
これ、簡単に始められて、オススメのノートの取り方です。
効果に自信あり。
ブックマークに追加する
前の記事:誰も教えてくれないやる気アップの方法
次の記事:英単語集がなくても英単語を覚える