志望大学の研究は大丈夫?ナマの声がわかる
大学徹底研究&資料請求ページ→都道府県別学部別職業別


大学過去問・センター模試・入試詳細と偏差値チェックが全てできる
大学受験を有利にするサイト!<受験サプリ>で偏差値から学校検索

IQサプリ・サルヂエ・数学

数学を教える身にとって、実は図形問題は非常に教えるのが難しい単元だ。
他の単元なら、
「この問題で、結論として導きたいことはこういうことなんだ。
 だから、最初の数式を、こういう形になるよう変形して行くのが正解。
 但し、注意しなければならないポイントはここで、
 このことを言っておかないと、結論と矛盾してしまう」
というように、
はっきりとした問題の方針を立てることができる場合が多い。

ところが図形問題の場合、
「ここに補助線を引けばよい」
ということはできるが、
「どうすればここに補助線を引けばよいことに気づけるのか?」
ということを説明することは難しい(私だけ?)

そして結局、
「数をこなして図形問題を解く方針を気づく感覚を身に着けよう」
ということになる。

これはこれで正攻法だと思う。
図形問題だけでなく、数学全体、また受験科目全体に言えることだと思う。


数学は、無から答えをひらめく「数学的センス」が必要なのではない。
「数稽古」をこなすことであらゆる解法パターンを吸収し、
問題を目にしたときにそのパターンのどれを使えば解くことができるか、
それに気づくことこそが必要なのだ。
そして、
 それは勉強次第で誰でも可能なのだ!!

実際、私も現役生時代、京大入試数学で1問も解けなかった。
数学はもともと苦手科目、
つまり数学的センスというものは全くない人間である。
しかし、浪人してあらゆる解法パターンを「数稽古」で吸収したため、
問題を見て、「こういう方針でやれば解ける」という感覚が身についたためか、
1年後の入試数学では6問中4問と半分解くことができた。

ここで思い出したのが「IQサプリ」と「サルヂエ」。
これはいわゆる「頭のやわらかさ」が必要とされるクイズ番組だ。
しかし、毎週見ていると、だんだん問題ができるようになってきた。
実は、ほとんどの問題が「パターン化」されている
ある法則に従って2つのグループに分ける問題なんかその典型だ。

はっきり言って「頭のやわらかさ」なんか関係ない。
要は数をこなして「パターン」を吸収することだ。

数学も同じだ。
「数学的センス」「頭の柔らかさ」なんて関係ない。
「自分には数学のセンスがない」とあきらめずに
数多くの問題を吸収していこう!
ブックマークに追加する
前の記事:漫画が書ければ化学ができる
次の記事:物理:力学のベクトル