志望大学の研究は大丈夫?ナマの声がわかる
大学徹底研究&資料請求ページ→都道府県別学部別職業別


大学過去問・センター模試・入試詳細と偏差値チェックが全てできる
大学受験を有利にするサイト!<受験サプリ>で偏差値から学校検索

頭で勉強するな!

化学に限ったことではなく、数学や物理にも言える事だが・・・

これまで化学・数学の講師としての経験から感じたことだが、
「化学(数学)が分からない。どうやって解いたらいいの?」
と言う受験生に限って・・・
頭の中だけで問題を解こうとしている!!

「化学反応が起こった後、溶液には何と何が入っているの?」
「今、密閉容器の中のH2Oは、水なのか水蒸気なのか?」
と尋ねても「???」

化学で問題になるのは目に見えない分子や原子の話。
数学で問題になるのは実際に目に見えない数字の話。

目に見えないものがどうなっているかイメージできない状態で
やたらに数字を公式に当てはめて計算しても正解できるはずがない。

こういった、目に見えない「抽象的なイメージ」を
目に見える「具体的な話」へと「変換」するためには
とにかく
 
   図を描いて描いて描きまくる

ことである!
たくさん練習して
「抽象的なイメージ」→「具体的な図」
の変換を上達させるのが理数系科目を得意にする早道である。

頭の中で抽象的イメージだけで考えていては
実力アップは難しい。
そう、
頭で考えるな!
 目で(=紙に描いて)考えよ!」


これが今年の夏の合言葉だ!!
ブックマークに追加する
前の記事:物理:力学のベクトル
次の記事:赤ボールペンのkingofjuken式使い方