志望大学の研究は大丈夫?ナマの声がわかる
大学徹底研究&資料請求ページ→都道府県別学部別職業別


大学過去問・センター模試・入試詳細と偏差値チェックが全てできる
大学受験を有利にするサイト!<受験サプリ>で偏差値から学校検索

センター英語攻略法

センター試験英語は時間が短い割に問題が多く、
私のように速読・速解が苦手なタイプは
「いかに効率よく時間配分するか」が重要だろう。
私の場合、模試とか、過去問を時間を決めて解くときに、
いろいろ試行錯誤したが、次の方法に落ち着いた。

1 最初のほうの、アクセントや比較的簡単な穴埋問題をまず先に解く。
  特にアクセント問題は迷っている暇はない。
  
  ポイントはこの部分の締切時間を設けたこと。
  この問以降に余裕をもって取り組むためだ。
  
  分からない単語はいくら悩んでも分からない。
  分からないときは運に身を任せた(いいのか〜?)

2 次に、時間の余裕のあるうちに、配点の高い最後の長文に移った。
  ここでのポイントは
  最初に設問を読むこと
  そうすれば文章のどこに気をつけて読めばいいか分かりやすい気がした。
  
  この長文でも締切時間を設定した。とはいうものの
  まだ時間の余裕があるので精神的にも余裕をもって取り組める。

3 次に、英作文(語順入れ替え)問題。
  ここではできるだけ迷わずに時間配分を厳守した。

4 そして、残り時間のある限り、残り時間をだいたい均等に配分して、
  残った読解問題を解いていく。
  各問の解くポイントは2と同じだ。

そして特に1と3だが
「制限時間厳守!」
例えば10分で解くと決めたら絶対にその締め切りを守るようにした
ここで迷ってしまって時間をオーバーすると、
その後のもっと大事な設問に影響しかねない。

このような感じだ。


  設問ごとに締切時間を設け、ムダに悩む時間のロスを防ぐ。
  経験的に、分からない1問に時間をかけて悩むより
  運に身を任せてもそれほど変わらない。
  それより、他の問題に影響を与えないように
  時間配分を優先する。
  また、小さな締め切りを設けることで
  試験途中の中だるみを防ぐこともできる。

  一方、配点の大きな重要な問題は
  多少迷って時間が少しオーバーしても大丈夫なように
  余裕を持てる時間帯に取り組もう。
  (とはいってもあまりオーバーしては×)
ブックマークに追加する
前の記事:数字を出すには見えなきゃだめ
次の記事:基本は毎日が基本