志望大学の研究は大丈夫?ナマの声がわかる
大学徹底研究&資料請求ページ→都道府県別学部別職業別


大学過去問・センター模試・入試詳細と偏差値チェックが全てできる
大学受験を有利にするサイト!<受験サプリ>で偏差値から学校検索

基本は毎日が基本

野球なら素振りとキャッチボール
柔道なら受身と打ち込み
マラソンならlong slow distance
一流選手ほど基本練習を欠かさない。
これらの基本練習は面白いだろうか?
大抵、単調で面白くない練習だ。
試合形式の練習のほうが面白いに決まっている。

試合形式の練習のなかでも、バットを振ったり、ボールを受けたりということはもちろんある。
しかし一流選手は
「試合でもバットを振るから素振りは必要ない」
とは考えない。
「基本は基本だけで集中して練習すること」
「基本は毎日繰り返すこと」
ということをよく知っているからだ。


一方、受験勉強にとって基本とはなんだろうか?
 
 ・英単語・イディオムの暗記
 ・有機化学の反応や物質の性質の暗記
 ・数学の定理の確認や計算力
 (四則演算・展開・因数分解など)の強化
 ・物理の公式の導出過程の確認

というところだろう。
これらは確実に出来ていなければ受験でかなりつらい基本事項だ。

しかし、これらの基本事項の勉強は、正直単調だ。
暗記事項も、ほぼ覚えてしまって部分を何回もやり直すのは時間の無駄に感じる。
だんだん自分のレベルが上ってきたら
入試の過去問や実践的な問題を解いたほうがいいんじゃないか?
と感じるだろう。

もちろん、実践的な問題を解くことは大切だ。
簡単な問題でなく、自分のレベルに見合った問題を解いていくことで
自分のレベルを高めていくことが、勉強の最大のねらいだろう。

つまり「強い相手と練習試合する」ということだ。


しかし、忘れてはならないのが「基本」。
単純な暗記事項こそ、それだけで集中して行い、
かつ、毎日繰り返して行うべきの「練習」だ。

「もう覚えたからやらなくてもいい」
ではなく、一流選手の技が無意識に、条件反射的に出るように、
受験勉強でも

「暗記事項の条件反射」

を目指そう!

基本事項の定着が重要課題の夏休み、基本を徹底的に行なおう!
退屈な勉強をどれだけ繰り返せるかが、9月以降の運命を握る!
ブックマークに追加する
前の記事:センター英語攻略法
次の記事:数学は暗記科目か?