志望大学の研究は大丈夫?ナマの声がわかる
大学徹底研究&資料請求ページ→都道府県別学部別職業別


大学過去問・センター模試・入試詳細と偏差値チェックが全てできる
大学受験を有利にするサイト!<受験サプリ>で偏差値から学校検索

数学は暗記科目ではない!

以前の記事
 「数学は暗記科目か?」
と矛盾するようだが?・・・
重ねて書くが、入試本番では時間が限られている。
そのうえで入試で最大の効果を発揮する数学受験勉強法の基本は

「数多くの解法パターンを覚え、
 入試ではそのパターンの中から
 適当なものを当てはめて解く」

ことである。

しかし、みなさんも経験があるだろう。
前にやったことを忘れてしまうのだ。

そのため数学の問題も何度も繰り返す必要があるが、
英単語と違って数学で同じ問題を10回も20回も繰り返すことは無理だ。

ではどうすればいいのか?
数学でも結局記憶力が並外れていないと無理なのか?

いや、そんなことはない

解法のパターン暗記を続けていくと、
大抵の問題に共通する、ある種の「数学的な考え方」が自然に身についてくる!

そして、その「数学的な考え方」がいったん身に付くと、
解法パターンを多少忘れても動じない、強い「理解力」が根付くのだ!!


とは言っても、これを身に付けるのは簡単ではない。
「ローマは一日にしてならず」だ。
「解法パターン」と「表現力」を2種類の問題集で学んでいくうちに、
なぜか知らず知らずのうちに身についてくるものだ。

しかし、
一度泳ぎ方を覚えた人は二度とカナヅチにならないように、
この「数学的な考え方」が身に付くと二度と消え去ることはない。
ブックマークに追加する
前の記事:数学には2種類の問題集
次の記事:英語の語彙力を高める方法(表技編)